MENU

第76回岡崎城下家康公夏まつり2024の開催日はいつ?歴史や見どころについても!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

岡崎城下家康公夏まつりの開催日について紹介します。

愛知岡崎城下家康公夏まつりは、徳川家康公生誕の地「岡崎」が全国に誇る大花火大会で毎年8月の第1土曜日に開催されます。


伝統ある三河花火の発祥の地で岡崎城を背景とするロケーションに各種スターマイン、仕掛け花火、金魚花火などバラエティーに富んだ花火は圧巻で岡崎の恒例行事の一つとして、日本でも有数の花火大会となってます。

2022年は3年ぶりの開催で盛り上がった岡崎城下家康公夏まつり♬

今回は、第75回岡崎城下家康公夏まつり2024の開催日はいつ?歴史や見どころについて紹介します。

それでは、さっそく見ていきましょう♬

目次

第75回 岡崎城下家康公夏まつり2024日程

名称岡崎城下家康公夏まつり第75回花火大会
開催期間2023年8月5日(土)19:00~20:30(予定)
荒天の場合雨天決行 荒天時中止(延期なし)
※雨天決行。ただし警報発令等の荒天又は河川の増水及び新型コロナウイルス等感染症拡大などにより、大会の実施が困難な場合は、主催者の判断により大会を中止いたします。中止の場合の順延はありません。
主催岡崎市・(一社)岡崎市観光協会
打上会場岡崎市乙川・矢作川河畔
打ち上げ数非公開
例年の人出48万人

アクセス

【電車】名鉄東岡崎駅または岡崎公園前駅から徒歩10分

宿泊ホテル

yukko

周辺の宿泊ホテルも紹介します。

岡崎城下家康公夏まつり周辺宿泊ホテルを探す

岡崎城下家康公夏まつりの歴史

yukko

岡崎城下家康公夏まつりの歴史について調べてみました!

みーこ

江戸時代から続いてるにゃ♬

三河花火の起源は江戸初期までさかのぼり、江戸幕府初代将軍・徳川家康が、その生誕の地である三河の若者を中心に鉄砲隊を編成。

火薬の製造と管理を三河に限らせ、この「お国もの」の特権が三河花火のルーツと伝えられてます。

江戸時代からという大昔からずっと引き継がれてる花火大会。

情緒豊かな鉾船を浮かべた花火まつりとして広く知られ情緒豊・菅生神社の祭礼が元。

江戸時代から続く歴史ある岡崎城下家康公夏まつり♬三河の発祥地でもあり愛知県でも人気の花火大会です。

岡崎城下家康公夏まつり見どころ

yukko

岡崎城下家康公夏まつりの見どころも紹介♬

みーこ

さっそく見ていくにゃ♬

見どころ

yukko

花火職人の技が光る花火と19時から20時半まで絶え間なく続く打上げ花火です♬

仕掛け花火や金魚花火・火車・大のしなどの絶え間なく続く打上花火は観客を魅了します!

迫力満点の花火!

音楽に合わせたメロディースターマインも人気♬

第76回岡崎城下家康公夏まつり2024前回の開催はいつ?実際の花火の映像!

yukko

岡崎城下家康公夏まつり前回の開催は、2023年8月5日♪

みーこ

Twitterでも話題になったにゃ♬

写真からも迫力が伝わってきますね♪

花火の持ち物リスト

花火大会にあったら便利な持ち物リスト

ハンディ扇風機

虫よけスプレー

レジャーシート

アイスネックリング

ティッシュ

エコバッグ・

その中でも欠かせないのはハンディ扇風機

第75回岡崎城下家康公夏まつりの屋台はあるの?

yukko
※令和4年(2022年)度は、一部有料観覧エリア以外には露店・キッチンカーの出店はありません。
詳しい詳細はここから

花火当日は、一部有料観覧エリアのみ露店やキッチンカーなどが出店されました。

2023年の屋台情報は、わかり次第お伝えします。

まとめ

岡崎城下家康公夏まつりは、江戸時代からという大昔からずっと引き継がれてる花火大会で徳川家康公生誕の地「岡崎」が全国に誇る大花火大会です。

岡崎城を背景とするロケーションにメロディースターマイン、伝統ある三河花火、金魚花火などの花火が夜の19:00から20:30までの約1時間30分の間は、盛りだくさんのプログラムで次々と打ち上げられます。

迫力満点の花火は、岡崎でも有名で毎年異なるデザインで観客を楽しませてくれます。

今回は、第76回 岡崎城下家康公夏まつり2024の開催日・歴史や見どころについて紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次