志摩伊勢えび祭2022の開催日はいつ?場所・時間・見どころも紹介!

三重県伊勢えび祭2022の開催が、2022年10月15日(土)に開催されます。

昭和36年から始まった伊勢えび祭は、伊勢海老を代表とする海の幸の感謝と、豊漁・安全を願う祭りは、2022年で第60回を迎えます。志摩では大イベントの伊勢えび祭は、3年ぶりの復活!

 

第60回伊勢えび祭のテーマは【泰平】に決定しました。


今回は、伊勢えび祭2022の開催日や場所・時間・アクセス方法や駐車場情報・見どころについてお伝えします。

 

それでは、さっそく見ていきましょう♬

 

志摩伊勢えび祭2022開催日・開催概要

♦開催日:2022年10月15日(土)※雨天:16日(日)

♦時間:10:00~19:00

♦会場:浜島海浜公園(大矢海浜公園)

♦住所:〒517-0404 志摩市浜島町浜島

♦問合せ先:0599-53-3330(浜島町伊勢えび祭保存会)

♦アクセス方法

公共交通機関

近鉄鵜方駅より三重交通バス「宿浦」行きにて約20分、「浜島」バス停下車後、会場まで徒歩すぐ
車でのアクセス

伊勢自動車道「伊勢西IC」または「玉城IC」より約45分

♦駐車場:有り

海ほおずき、浜島B&G海洋センター、三重県水産研究所、旧浜島小学校など

♦公式ホームページ:伊勢えび祭公式HR

 
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊勢えび祭(@iseebifesta)がシェアした投稿

 
毎年初夏6月頃に開催予定の「伊勢えび祭」は、2022年は、10月15日(土)に開催

志摩伊勢えび祭2022 アクセス方法

公共交通機関でのアクセス

近鉄鵜方駅より三重交通バス「宿浦」行きにて約20分、「浜島」バス停下車後、会場まで徒歩すぐ

車でのアクセス

伊勢自動車道「伊勢西IC」または「玉城IC」より約45分

アクセス・駐車場情報詳しい詳細はここから

 
 

志摩伊勢えび祭2022の見どころ

 
yukko
志摩「伊勢えび祭」の見どころも見ていきましょう♬
 
 
みーこ
見ていくにゃ♬

じゃこっぺ踊り

伊勢えび祭の見どころは、「じゃこっぺ踊り」

伊勢えび祭といえば、「じゃこっぺ踊りのじゃこっぺ連」30を越える連がさまざまな衣装で華やかに踊ります。じゃこっぺ連は祭にかかせない第1の主役とのこと。

「じゃこっぺ踊り」は、子供も大人もお揃いの衣装で参加。正調踊りや男踊りなど踊りのスタイルもいろいろ楽しめ、志摩市内、市外、県外からの参加も増えているそうです。

ふるさと納税の時期になりましたね(^^)/⇩

伊勢海老大王

巨大な伊勢海老神輿を担ぐこちらも伊勢えび祭に欠かせません。

総踊り

フィナーレには観客も一緒になって踊る「総踊り」で盛り上がります♬

志摩伊勢えび祭2022 スケジュール

当日は、ステージイベントの翔太さん&永山みえさんも特別参加します。

 
10:00~ 志摩特産品等物販市
14:00~ 式典(感謝祭)
15:00~ 浜幼年長組じゃこっぺ踊り
こども総踊り
16:00~ 伊勢えび長寿汁 (有料)
16:00~ ステージイベント (翔大&長山みえ)
17:00~ じゃこっぺ踊り (海浜公園内)
18:00~ 花火
 

こども総踊りは、※市内外の幼稚園児、保育園児、小中学生は自由にご参加出来るのとの事。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊勢えび祭(@iseebifesta)がシェアした投稿

志摩伊勢えび祭の由来や歴史について

 
yukko
志摩「伊勢えび祭」の由来や歴史も紹介します。
 
 

志摩伊勢えび祭 由来

「伊勢海老」は三重県伊勢志摩地方を代表とするグルメの王様で有名です。県内では毎年多くの水揚げがあり、伊勢えびは「三重県のさかな」にも指定されています。

伊勢海老は、長いヒゲと曲がった腰を持つ姿は長寿のシンボルにも例えられ、縁起の良い食べ物としても知られて、また「いせ」の名が付いた由来には「伊勢で獲れた海老」あるいは、「威勢(いせい)がいい海老」が縮まって「いせ海老」と呼ばれるようになったという説があります。
 
伊勢志摩国立公園内にある浜島町は、黒潮おどる熊野灘と波静で古くから海の恵みを受けて反映してきたようです。

昭和63年に世界で初めて伊勢海老の人工孵化飼育に成功しています。浜島町は海への感謝の気持、海を護ろうという気持ちを魚介類の王者ともいえる伊勢海老に託し、昭和51年に「伊勢えびの町」を宣言しています。

志摩伊勢えび祭 歴史

伊勢えびに感謝するとともに、その年の大漁を願うことで、伊勢えび祭は昭和36年6月に誕生しました。

第1回の「伊勢えび祭」は、昭和36年6月6日に行われました。

第30回(平成2年)青年男女伊勢えびみこし誕生。伊勢えび大王のぬいぐるみ登場。あわ踊り招致、伊勢えび長寿汁、外国人みこし、じゃこっぺ連が登場。

第45回(平成17年)には、新制 志摩市としてのはじめての「伊勢えび祭」を開催

第56回(平成28年)浜島の祭から志摩の祭へ
 
2022年の開催で第60回を迎える「伊勢えび祭」は3年ぶりの開催になります。
 
 

調理してあるので食べやすい♬バーベキューにもおすすめ!⇩

さいごに

三重県志摩の浜島で「伊勢えび祭2022」が2022年10月15日(土)に開催決定!

3年ぶりの開催となる「伊勢えび祭2022」は、今回で第60回を迎えます。

今回の3年ぶりの開催で、地元の方は伊勢えび祭に向けて練習もしています。今回の開催で地元の方や、毎年楽しみにしていた方にとっては嬉しいニュースになりました(^^)/

今から「伊勢えび祭」の開催が楽しみですね(^^)/

まだ行ったことがない方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

今回は、志摩伊勢えび祭2022開催日や場所・時間・見どころについて紹介しました。
 
最後まで閲覧ありがとうございました。