コロナワクチン副反応の解熱鎮痛剤はいつ飲めばいい?市販で効く薬の種類についても!

  • 2021年9月9日
  • 2021年9月11日
  • 生活
  • 126view

コロナの拡大でワクチンを打つ人が増えてきましたね。

コロナワクチン接種後の副反応の熱や痛みは人にもよりますが、実際に打って副反応の熱や痛みが出る人が多く、市販の薬が売り切れになってるとニュースでも取り上げられてます。

 

コロナワクチン接種後のいつ飲めばいいのか市販の解熱鎮痛剤の種類について気になったので調べてみました。

 

これからコロナワクチン接種する人にも参考になれば幸いです。

 

 

コロナワクチン副反応の解熱鎮痛剤はいつ飲めばいい?

 

 

コロナワクチン接種後の副反応が怖くて先に飲みたいという人もいるようですが・・

 

先に飲むのは良くないようです。

 

副反応の熱や痛みもその人によって違います。

 

あくまで症状が出てから、辛い場合に服用する事。

 

コロナワクチン接種後の解熱鎮痛剤の服用についてホームページでもこのように説明しています。

 

「症状が出る前に解熱鎮痛剤を予防的に繰り返し内服することについては、現在のところ推されていません」

 

 

コロナワクチン副反応の解熱鎮痛剤・市販は何を飲めばいいの?

 

 

市販されている解熱鎮痛薬で、ワクチン接種後の発熱や痛みなどに使用できます。

 

市販されている解熱鎮痛薬で、ワクチン接種後の発熱や痛みなどに使用できるのは次の通り。
▼ アセトアミノフェン(エキセドリン、バファリンプレミアム、ノーシン、セデスなど)
▼ イブプロフェン(イブ、リングルアイビー、ナロンメディカル、バファリンプレミアムなど)
▼ ロキソプロフェン(ロキソニンなど)

※イブプロフェンとロキソプロフェンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

今、ワクチン接種後の副作用の熱や痛みで薬局でも品薄になったり、売り切れになってるのも多いようです。

 

中でもバファリンや、カロナールが売れてるようですが、ロキソニンも効果は高いようですが、解熱鎮痛剤の副作用は、胃の刺激がカロナールよりも強いので食後に飲む方がいいとの事。

 

あと普段から飲み慣れてる解熱鎮痛剤でも良いので、家にある方はそれから飲んでも大丈夫そうですが、

アセトアミノフェンは体への負担が少ないようです。(ノーシン、バファリン、カロナールなど)

 

ロキソニンは、胃に負担がかかるため、食後の服用と、胃薬も服用する方が良いです。

 

参考にして下さいね。

 

 

解熱鎮痛剤は、通販でも買える?

 

薬局では、バファリンや、カロナールは、品薄で売り切れてるのもあって薬局では、手に入りにくいようです。

 

そこで、通販・ネットでは買えるのか調べてみました。

 

 

楽天で購入出来ますよ♪

ワクチン後の発熱に・・

 

 

早く効いて胃にも優しいバファリン

 

頭痛・熱に50錠入り

 

小粒で飲みやすいジェルカプセルリンクルアイビー

私は、サトウ製薬のリンクルアイビーを飲んでます。

もともと頭痛用に購入してましたが、こちらもコロナの副作用の熱にも効くとホームページにも載ってました。

15歳以上しか服用出来ませんが、カプセルで1個でのみやすい(^^)/

 

以前薬剤師の方にすすめられたから飲んでます。

 

薬局に行かなくても通販・楽天で購入出来るので安心ですね(^^)/

 

熱さまシートも売れてます。

 

 

 

薬局でも売れてるので、お店によっては品薄のところもあるので、解熱鎮痛剤と一緒に購入しておくと安心♪

 

 

 

 

お家に届くので便利♪

 

楽天ポイントがある人は、ポイントも使えるのでお得に購入出来ます(^^)/

 

この時期出来れば、外出は避けたいですよね(>_<)

 

 

 

コロナワクチン接種前にあると便利な物・常備品

 

コロナワクチン接種前ですが、家族全員同じ日に打たない方が良いと言いますが、中には土曜日や、日曜日しか打てない人もいると思います。

 

お子さんが小さいところは、ずらすのもアリですが、出来ない時は、実家などに頼むことが出来るならお願いしましょう。

 

 

お子さんが大きい、何でも出来る年齢ならお子さんに負担にならないように、食事などは、簡単に出来るレトルトなども利用するのもアリです(^^)/

 

 

コロナワクチン接種後は、痛みや熱は副反応として覚悟しておく方がいいですね(^^)/

 

熱もなく痛みだけなら痛み止めがあれば安心♪

コロナワクチン接種後にあると便利な常備品など、これがあると安心というのもまとめてみました。

 

 

○解熱鎮痛剤

○熱さまシート

○ゼリー・アイスクリーム・ヨーグルト・プリンなど

○果物・バナナ・キウイ・りんごなど

○アクエリアス・ポカリスエット・水・お茶など

○レトルト・冷凍食品・カップラーメン・コーンスープ・野菜スープ・

○レトルトご飯・冷凍ご飯・冷凍うどんなど

お子さんが小学生高学年であれば、簡単なレトルトなどがあると自分でも作れるので、レトルト・冷凍食品などは常備しておくと便利です。
熱が出るとアイスクリームなどもあると安心ですね。
プリンやヨーグルトなども冷蔵庫にあると便利ですね。
カップラーメンやお子さんでも作れるものがあると自分でも作れますね(^^)/
ご飯も我が家は、常に冷凍ご飯を常備してるのでご飯が足りない時などに食べてます。
熱が出てしんどい時は、布団の横に着替えやタオル・水や熱さまシートなど置いておくと安心。
ポカリスエットなどは、糖分もあるので飲み過ぎない方がいいようです。
水が一番いいのかもしれませんね(^^)/

 

我が家は、シリカを飲んでます。

 

 

ペットボトル500MLなので、娘は学校にも持って行きます。

 

家でも常に白湯とシリカは、欠かせません。

公式シリカシリカはここから

 

 

 

我が家は、定期コースで購入してます(^^)/

 

 

 

まとめ

 

 

これからコロナワクチン接種する方にも、まだしてない方にもワクチン接種後の副反応の熱や痛みなどで、お家に市販薬がない方、予備がない、熱や痛みが出た時に解熱鎮痛剤がないと不安な方もいると思います。

 

普段から飲み慣れてる解熱鎮痛剤でも効くようなので、常備してる方はいつも服用してる解熱鎮痛剤でもいいようです。

 

 

 

 

ワクチンを接種した病院で処方してもらうのが安心ですが、もし薬が切れたり、病院が休みで連絡が取れなかったりして薬局に買いに行けない方もいると思うので、通販も利用する事が出来るので、参考にして下さいね。

 

 

今回は、コロナワクチン副反応の鎮痛剤はいつ飲めばいい?市販で効く薬の種類について紹介しました。

 

 

記事が参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。