MENU
\ 最大10%ポイントアップ! /

足助祭り2023日程・時間は?歴史や見どころも紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

愛知県豊田市で毎年10月に開催される足助祭りは、約300年の歴史をもつ伝統行事です。

足助祭りの山車は舞台付きで、複数の若者が乗り込み、踊りやかけ声で囃しながら曳きまわします。

本楽祭の夕方に開催される、梵天(ぼんてん)と呼ばれる竹筒を取り合う梵天取り」「鉄砲隊による発砲」など見どころ満載の足助祭り♪

今回は、足助祭り2023の開催日はいつなのか?歴史や見どころについて紹介します。!

足助祭り周辺の宿泊先はここから予約できます⇩

駐車場やアクセス方法についても紹介していきます。

それでは、さっそく見ていきましょう♬

目次

足助祭り2023 日程・時間

足助祭り2023の開催期間や時間はこちらです⇩

開催期間【試楽祭】2023年10月7日(土)
【本楽祭】2023年10月8日(日)
開催場所足助八幡宮周辺
開催時間【試楽祭】7日(土) 13:30~19:50
【本楽祭】8日(日) 07:00~21:00
住所〒444-2424
豊田市足助町宮ノ後12(足助八幡宮)
問い合わせ0565-62-1272(足助観光協会)
駐車場有り/香嵐渓周辺駐車場
公共交通でのアクセス【電車】
名鉄豊田線「浄水」駅から、とよたおいでんバスさなげ足助線(百年草行)に乗り換え、「香嵐渓」下車◎名鉄三河線/豊田線「豊田市」駅から、名鉄バス矢並線(足助行)に乗り換え、「香嵐渓」下車◎名鉄名古屋本線「東岡崎」駅から、名鉄バス岡崎・足助に乗り換え、「香嵐渓」下車
車でのアクセス【車】
東海環状道経由「豊田勘八IC」より約20分◎東海環状道経由「豊田松平IC」より約30分◎猿投グリーンロード「丸石IC」から約15分

足助祭りは、試楽祭と本楽祭2日間開催されます。

足助祭り2023 試楽祭 10月7日

日の出~日没まで・・町内各所にて警固(鉄砲隊)による空砲撃ち

午前中・・・・4町の山組み

13:30~13:50・試楽祭(足助八幡宮にて)

14:00~17:00・山車の町内曳き・途中清祓(西町・新町・本町・田町の各町内)

17:45~19:50・神輿の町内渡御(八幡宮を18時出発~親王町・松栄町まで廻り帰宮)

足助祭り2023 本楽祭 10月8日

7:00~7:40・西町の山車が立場を出発→田町の立場

7:40~9:20・・警固(鉄砲隊)宮入・清祓(足助八幡宮

8:00~10:00・・田町の立場を出発→西町に整列(香嵐渓信号交差点周辺)

10:00~10:45・・本楽祭・例祭(足助八幡宮)

10:00~12:00・・山車の宮入→お囃子奉納→足助支所前

12:00~14:30・・警固(鉄砲隊)の中渡し(境内にて空砲撃ち)

15:00~15:40・・石清水八幡社へ神輿渡御(足助八幡宮~石清水八幡社)

16:00~   ・・警固(鉄砲隊)の追込み・引き上げ(境内にて空砲撃ち)

18:20~18:45・・山車の曳きこみ(立場から境内に入り梵天投げ)

19:10~21:00・・帰り車(提灯で飾られた山車が巴橋を渡り各町へ帰る)

足助祭り2023の混雑状況や交通規制や渋滞情報の記事はここから⇩

足助祭り2023の混雑状況は?交通規制や渋滞情報のまとめ!

交通規制や渋滞情報・駐車場やアクセス方法についてまとめました♪

足助祭りの歴史について

yukko

足助祭りの歴史はこちらです⇩。

足助祭りは、足助八幡宮(白鳳2年創建)のお祭り。

文正元年(1466年)再建の本殿は国の重要文化財に指定。
遺されている文化財も多く、特に慶長17年(1611年)奉納。

鉄砲的打図板額県文化財は、東京オリンピックで射撃競技のプログラムの表紙に使用。

足助祭りは、足助八幡宮の例祭で足助の馬鹿祭りとも呼ばれてます。

神輿と4つの町(町方)が出す山車、周辺の自治会が出す200挺あまりの火縄銃の鉄砲隊・棒の手の警 固によって盛大に行われます。

yukko

以前は5日間かけて行われていましたが、現在は2日間で土曜日を試楽祭・日曜日を本楽祭と呼んでいます♪

土曜の夜は御神輿渡行もあり、町内を御輿が巡行されます♪

足助祭りの見どころ

yukko

足助祭りの見どころついて紹介します♪

見どころ①火縄銃の鉄砲隊

火縄銃の鉄砲隊!

yukko

火縄銃の棒の手警固によって盛大に打ち上げられます♪

見どころ②山車の練り歩き

山車の練り歩き

みーこ

山車の練り歩きも見どころにゃ♪
山車の中で立ちながら踊るにも見ものにゃ♪

yukko

落ちないか心配・・

見どころ③梵天取り

梵天(竹筒)を取り合う「梵天取り」

見どころ④幻想的な光景

幻想的な光景はカッコイイ!

梵天取りの後は、各町へ山車が帰っていきます。

幻想的なで光景が見どころです。

yukko

幻想的な光景がキレイ♪
写真からも伝わってきます。

足助祭り2023 駐車場やアクセス

yukko

足助祭りの駐車場やアクセス方法について紹介します♪

駐車場

駐車場:有
・香嵐渓周辺駐車場
・宮町駐車場

※駐車場は台数に限りがあるので、できるだけ公共交通機関利用してください。

早めに会場に着いたけど、渋滞で車を停めることができなかった。

有料でもいいから早く停めたいという方も多いはず・・・

yukko

電車でのアクセスだと小さい子供連れでは大変!
有料でもいいから駐車場に停めたい!そんな方のために

みーこ

小さいお子さん連れだと荷物も多く、車が便利にゃ!

yukko

おまかせください!
有料でもいいから駐車場に停めたい!そんな方のために
akippa(あきっぱ)が活躍♬

お子さん連れで、車を利用したい人のために。

初めての場所で近くにある駐車場を探したいなんて時に!

それakippa(あきっぱ)で解決できます!

akippaは全国の空きスペースが駐車場として登録、目的地に近い駐車場が探せます。

最大30日前から、1日単位や15分単位で駐車場を簡単に予約できる!

akippa(あきっぱ)で予約する⇩

初めてきた場所だとここはどこ?みたいな調べてもわからないことも(>_<)

駐車場が空いてない!そんなときこそあきっぱが活躍♬

アクセス方法

【電車】
・名鉄豊田線「浄水」駅からとよたおいでんバスさなげ足助線(百年草行)に乗り換え「香嵐渓」下車
・名鉄三河線/豊田線「豊田市」駅から名鉄バス矢並線(足助行)に乗り換え「香嵐渓」下車
・名鉄名古屋本線「東岡崎」駅から、名鉄バス岡崎・足助に乗り換え「香嵐渓」下車
【車】
・東海環状道経由「豊田勘八IC」より約20分
・東海環状道経由「豊田松平IC」より約30分
・猿投グリーンロード「丸石IC」から約15分

足助祭り2023の前回の開催はいつ?実際の映像!

前回は2022年10月8日・9日に開催!
3年ぶりに開催されました♪

足助祭り2022は、3年ぶりの開催になり盛り上がってます!動画からも伝わってきますね(^^)/

約300年の長い歴史を持つ伝統行事です♪

まとめ

足助祭り2023は、2023年10月7日(土)~8日(日)2日間開催♪

足助祭りの山車は舞台付きで、複数の若者が乗り込み、踊りやかけ声で囃しながら曳きまわします。

本楽祭の夕方に開催される、梵天(ぼんてん)と呼ばれる竹筒を取り合う「梵天取り」など盛り上がります。

足助祭り周辺ホテルはここから予約できます⇩

まだ行ったことがない方は、是非一度足を運んでみてください♪

今回は、足助祭り2023の混雑状況は?交通規制や渋滞情報について紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次