MENU

松阪射和祇園まつり2023の混雑状況は?駐車場やアクセス方法も紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

松阪射和祇園まつり2023の混雑状況について紹介します♪

松阪射和祇園まつり2023は、2023年7月15日(土)16日(日)に開催します。

射和祇園まつりは、松阪市射和町に伝わる300年以上もの歴史を持つ祭りで、県無形民俗文化財に指定されています。

松阪射和祇園まつりは毎年たくさんの人が訪れる人気のまつりなので、気になるのが混雑状況ですよね。

そこで今回は、松阪射和祇園まつりの混雑状況について調査しました。

松阪射和祇園まつりに一番近いホテルはここから予約できます⇩

渋滞回避方法やアクセス方法についても紹介していきます。

それでは、さっそく見ていきましょう♬

目次

松阪射和祇園まつり2023の混雑状況は?

松阪射和祇園まつり2023の開催期間や時間はこちらです⇩

開催期間2023年7月15日(土)~2023年7月16日(日)
会場伊佐和神社
住所松阪市射和町
電話番号0598-29-2276 射和祇園祭保存会
駐車場80台
公式サイト公式ホームページ
公共交通でのアクセスJR・近鉄松阪駅下車すぐ
車でのアクセス伊勢自動車道「松阪IC」から約15分

松阪射和祇園まつり2023 7月15日 スケジュール

宵宮、15日(土)13:00~

13:00~小屋台6台が國分家前に集合 伊佐和神社まで巡行、参道に勢揃いする

14:00~神事を終えて神霊を遷した神輿2基を男衆が担ぎ、小屋台とともに御旅所(大日堂)を目指して射和のまちへ繰り出す。

新出町、裏町と町内を練り歩き、御旅所へ納まると神饌が供えられ、夕闇迫る頃にはいよいよ宵宮のクライマックス、大屋台の引き出しが始まる。

松阪射和祇園まつり2023 7月16日 スケジュール

7月16日(日) 9:00~

小屋台と神輿が御旅所から、朝9時に出発。下之町、中之町、御蔵町、上之町を巡行。

夜の8時~延命寺山門前から紋付き袴の御神人を先頭に、高張り提灯に囲まれた神輿と、明かりを灯した小屋台が、暗闇を巡行。

夜10時をまわると、神輿を送った小屋台は各組へ帰り、神輿は神社に戻り、還御します。

松阪射和祇園まつりの2023混雑回避方法や渋滞情報!

松阪射和祇園まつりは、毎年たくさんの人が訪れる松阪でも人気の祭りです。

当日は、朝から会場周辺の混雑が予想されます!

余裕をもって早めに着くようにしましょう。

yukko

神事が終わった直後は、駅・周辺道路は大変混雑します!

混雑状況を避けるなら

事前にホテルの予約をして泊まる

駐車場が限られてるので、早めに会場周辺に着く

早目の電車にのり余裕をもって早めに家をでる。

を狙っていくと混雑をあまり気にすることなく花火大会のイベントが楽しむことができそうですね♪

松阪射和祇園まつりに一番近いホテルはここから予約できます⇩

松阪祇園まつり2023の開催も、2023年7月15日(土)~2023年7月16日(日)します。

松阪祇園まつり2023の混雑状況は?駐車場やアクセス方法も紹介!

2つのまつりが重なるので、駅周辺から、会場周辺の神社までかなりの混雑が予想されます!

余裕をもって早めに出かけましょう~♪

松阪射和祇園まつり2023の駐車場やアクセス方法

yukko

松阪射和祇園まつり2023の駐車場やアクセス方法についても紹介します♪

駐車場

駐車場:80台
自治会駐車場および射和小学校校舎裏

駐車場は限られてるため近くの有料駐車場を利用するか、公共交通機関の利用が推奨されてます。

松阪射和祇園まつりの人出も多く、車での来場者も多いので、

すぐに満車になってしまいます!

yukko

電車でのアクセスだと小さい子供連れでは大変!
有料でもいいから駐車場に停めたい!そんな方のために

みーこ

小さいお子さん連れだと荷物も多く、車が便利にゃ!

yukko

おまかせください!
有料でもいいから駐車場に停めたい!そんな方のために
akippa(あきっぱ)が活躍♬

お子さん連れで、車を利用したい人のために。

初めての場所で近くにある駐車場を探したいなんて時に!

それakippa(あきっぱ)で解決できます!

akippaは全国の空きスペースが駐車場として登録、目的地に近い駐車場が探せます。

最大30日前から、1日単位や15分単位で駐車場を簡単に予約できる!

akippa(あきっぱ)で予約する⇩

初めてきた場所だとここはどこ?みたいな調べてもわからないことも(>_<)

駐車場が空いてない!そんなときこそあきっぱが活躍♬

アクセス方法

【電車】
JR:近鉄松阪駅からバス「庄経由大石行き」約20分「国道射和」下車

【車】

松阪から国道42号線南下約20分

松阪射和祇園まつりの由来や歴史はいつから?

yukko

松阪射和祇園まつりの由来や歴史について紹介します♪

松阪射和祇園まつりの由来

射和町の祇園祭りは、西暦1600年代後半頃に疫病が流行したのを鎮めるために始めたと伝えられています


毎年7月中旬の土曜日の宵宮,日曜日の本日としてそれぞれ盛大に行われます。

伊佐和神社には、現在も元禄時代の作と、明治時代に更新された2基の神輿があります。

松阪射和祇園まつりの歴史

起源は、射和軽粉(けいふん)で成功した射和の豪商(冨山家、竹川家、國分家等)が江戸、京都に進出したことで、祭りも京都の祇園祭りを取り入れ、元禄時代から盛んになりました。

射和祇園まつりは松阪市射和町に伝わる300年以上もの歴史を持つ勇壮で優雅な祭りです。

松阪祇園まつりより引用

yukko

松阪射和祇園まつりは、地元の松阪でも人気の祭りです♪


300年の歴史を持つ射和祇園まつりは、長く受け継げられてます(^^)/

松阪射和祇園まつり2023の前回の開催はいつ?実際の映像!

松阪射和祇園2022まつり♪

yukko

松阪射和祇園まつり2022は、7月16日。
3年ぶりの開催♪

射和祇園まつり2022は、縮小開催!

過去の射和祇園まつりの動画♪

松阪祇園まつり2023も、7月15日(土)~2023年7月16日(日)開催します。

まとめ

松阪射和祇園まつり2023は、2023年7月15日(土)16日(日)に開催します。

300年以上もの歴史を持つ射和祇園まつりは、小屋台、神輿が一日中町内を練り歩き、軒に吊るした祭り提灯に火が灯り、高張提灯が神輿の上に掛かる頃、祭りは最高潮を迎えます。

松阪射和祇園まつりに一番近いホテルはここから予約できます⇩

射和祇園まつりは、2日間開催するので、ゆっくりと楽しみたい方は、事前にホテルの予約をしておくと、次の日も松阪の観光スポットも楽しめますよ♪

少し足をのばせば伊勢神宮もオススメです♪

是非一度足を運んでみてください♪

今回は、松阪射和祇園まつり2023の混雑状況は?駐車場やアクセス方法について紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次